自社に適したカードを選択しよう!

社用車への給油に法人ガソリンカード

社用車のガソリン代を安くしたい、
社員の立て替え払いの負担をなくしてあげたい。
そんな経営者に知ってほしい「法人ガソリンカード」について紹介します。

 

会社の業務で使用する自動車のガソリンや軽油等の
燃料費負担が経営上の主要なコストになっている事業形態なら
ぜひ利用したいサービスで、会社にとっても社員にとっても
メリットが多々あります。

 

ただし、運送業をはじめ、
多数の営業車等の自動車を稼動している会社と、
2〜3台の社用車を使用している会社とでは、
狙うべきガソリンカードの導入効果は違うものになります。

 

知っていると知らないとでは大違いの
便利な社用車専用サービス詳細、早速順番に紹介しましょう。

 

法人ガソリンカードって?

カードとレシート

法人ガソリンカードとは、営業や運送をはじめ様々な社用車を使って
業務を運営している会社にうれしい特典がたくさんあるサービスです。

 

クレジット機能付き、クレジット機能無しの2種類があって、
希望に応じた特典がつくものと契約します。
個人でガソリンカードを持っている方はイメージしやすいはずですが、

 

ガソリンスタンドで割引特典が受けられたり
ETCカードを付加できたりと、いろいろなメリットが考えられます。

 

社用車対象の法人ガソリンカードを導入するメリットをまずは一通り見ておきましょう。

 

仕事に使う自動車にガソリンカードを導入する3つのメリット

ガソリンカードを導入するメリットは、大きく分けて3つあります。

1. 事務作業の手間を軽減できる

事務作業の手間を軽減

決まったタイミングに決済をまとめることができて、
毎月どのくらいガソリン代金を使っているのかはっきりします。

 

社員から紙の明細書を受け取って
その都度仕分けしていくよりも手間がかからず、
経理事務作業担当者の負担を軽減できるところがメリットです。

 

明細書を保管したり経費精算書にまとめたりする手間が省けて、
社員としても煩わしさを感じません。
インターネット上で明細を一覧できるシステム導入も進んでいて、
必要なデータを好きなタイミングでいつでも確認できる仕組みが社員の不正を防いでくれます。

 

2. コスト削減に効果的

ガソリンカードを使うだけで「1Lあたり2円」など一定の割引が適用されて、燃料費の負担を軽減できます。
利用額に応じたキャッシュバックがついてくる仕組みをとっていて、
使えば使うほどコスト削減に貢献するカードも魅力的です。

 

輸送業など自動車を頻繁に使う仕事なら、毎月のコスト削減効果は軽視できない金額となるでしょう。
宿泊施設の割引、優待特典など付随サービスまで含めて考えると、よりメリットは大きくなります。
自社の営業形態や利用見込みに合わせて、高いコスト削減効果が期待されるガソリンカードを導入しましょう。

 

3. 使い方に合わせたカスタマイズも可能

社員のカードにはクレジット機能をつけない、ETCカードを合わせて導入するなど
希望に合わせた柔軟な仕組みがそろっていて、使いやすいようにカスタマイズできる魅力があります。

 

法人ガソリンカードの種類によってできること・できないことが出てくるため、使いやすいものを選んでください。
社員用カードには一定の制限を設けることで私的利用を予防できて、不正を見逃さない仕組みができます。
こんな使い方をしたい、と具体的な希望があればカード会社に相談して
使い方の提案を受けることもできますから、目星をつけた先に問い合わせをしてみましょう。

 

おすすめ法人ガソリンカード4選

法人ガソリンカードには数えきれないくらいの選択肢があって、
どれを導入すればいいのか迷ってしまう経営者もいるはずです。

 

そこで、社用車を使う業種におすすめのカードを厳選してまとめました。
この4つの中から会社の実情に合ったものを選び、導入すれば安心です。

 

  1. 高速情報協同組合ガソリンカード
  2. シナジーJCB法人カード
  3. シェルビジネスJCBカード
  4. ENEOSカード CARD S

 

ここに注目して選んでほしい、というそれぞれの特徴と詳細を順番に見ていきます。

 

1. 高速情報協同組合法人ガソリンカード

高速情報協同組合法人ガソリンカード

 

高速情報協同組合ガソリンカードの特長は、
クレジット機能がつかないシンプルな給油専用の法人ガソリンカードです。
ガソリン・軽油料金が全国一律料金で、煩雑になりがちなガソリンスタンドでの
レシート集計等の経理事務作業簡略化に役立ちます。

 

高速情報協同組合ガソリンカード

 

クレジット機能がないため、設立して間もない事業者や、
個人事業主や自営業でも発行しやすいのが特長です。

 

給油に際して目立った割引がつかない代わりに、
営業車等の社用車の給油代金の一括管理が出来るようになるので、
初めてのガソリンカード導入には最適です。
ENEOS・出光と2種類のカードがあるので、最寄りスタンドの利便性に合わせて選択しましょう。

 

将来的には割引特典が充実したカードへの加入を考えるとして、
とりあえず発行しておく「つなぎ」のサービスとしての活用もおすすめです。

 

★出資金1万円で必要枚数発行できる

加入時に会社単位で1万円だけ出資金が必要ですが、
この出資金は退会時に返還されるシステムなので、実質無料ということ。

他のコストはかかりません。

 

会社で稼動している自動車の台数にあわせて、
必要な枚数だけ発行OK、発行手数料・年会費は0円です。

また、車両に関して限定がないため、レンタカーへの給油もOK.
なるべくお金をかけずに燃料費後払いの仕組みを導入したい事業者にはぴったりです。

 

★クレジット審査に自信がなくても大丈夫

法人ガソリンカードを発行するには所定の審査がありますが、
クレジット機能がつかないカードなら導入障壁が低くなるもの。

 

開業間もない事業者はクレジット審査に通らないケースが多々ありますが、
高速情報協同組合ガソリンカードの場合は安心です。
赤字決済が続いている事業者でも発行できる可能性が高く、
他のカード会社に断られてしまった場合に検討するにもおすすめできます。

 

2. シナジーJCB法人カード

シナジーJCB法人カード

シナジーJCB法人カードは、
全国のエッソ、モービル、ゼネラルで使える法人ガソリンカードです。

 

ガソリン・軽油が最大7円/L値引きになる仕組み。
初年度は年会費無料、次年度以降も利用代金に応じて無料になる特典があります。

 

★高速利用経費を詳細に把握可能

シナジーJCB法人カードの大きな特徴は、
交通費決済に役立つ「ETCスルーカードNを無料発行できるところ。
高速道路を使って仕事をする機会が多い業種なら、利便性が高いカードと言えます。

 

明細には走行日と利用区が記載されているから、
いつどこで誰がどんなふうに使ったかは一目瞭然。
そのまま記録として保管すれば帳簿を作る手間がなく、事務作業のストレスを軽減できます。

 

3. シェルビジネスJCBカード

シェルビジネスJCBカード

シェルビジネスJCBカードは、シェル系列のガソリンスタンドで利用するとポイント2倍換算。
たまったポイントに応じてレンタカーや航空券、宿泊料金などの決済から最大3%キャッシュバックを受けられます。
オンライン申し込みなら初年度の年会費無料特典がつくため、ネット経由の加入がおすすめ。
通常年会費は1250円ですが、親カード1枚につき最大3枚のFUELカードを付加できます。

 

★ガソリン・軽油・灯油にしか使えないFUELカード

FUELカードの使い道は、昭和シェル石油のガソリン・軽油などの給油にしか使えません。
高速利用する社員に親カードを持たせて近距離ドライバーには
FUELカードを持たせるなど工夫すると、管理の手間を軽減できます。
うっかり落としてしまった場合も不正利用される可能性が少なくて、
入ったばかりの社員にも安心して渡せるメリットがあります。

 

★年額最大18万円のキャッシュバック

キャッシュバック利用対象最大月額50万円まで使った場合を考えてみましょう。
50万円の3%は1.5万円ですから、毎月1万円以上のコスト削減効果が見込まれます。

 

50万円×3%=1.5万円

 

これを12ヶ月継続すると年間最大18万円のキャッシュバックが受けられる計算で、
まとまった利用が見込まれる法人にメリットが大きなカードと言えます。

 

4. ENEOSカード CARD S

ENEOSカード CARD S

「ENEOSカード CARD S」は、
ENEOS系列の給油が1Lあたり2円引きになる法人ガソリンカードです。

 

初年度年会費無料、翌年度以降も1回の利用で無料なので、
継続コストがかかりにくいところが大きな特徴。

 

利用頻度が多くはない事業者でも、発行しておいて損はないカードでしょう。

 

★全国対応のENEOSロードサービス

24時間365日対応のロードサービスが無料でついてきて、
全国どこにいてもレッカー車の移動や路上修理を依頼できます。
万が一のことが起こったときに頼れる先があるだけで、会社としても安心でしょう。

 

頻繁にあることではないとは言っても、自動車にトラブルは付き物です。
社員に周知徹底させることにより会社としての信頼にもつながって、経営の安定に一役買います。

 

■まとめ

今回は、社用車の利用をもっと便利にしてくれる法人ガソリンカードについて紹介しました。
上手に活用すればコスト削減、利便性向上に役立ちますから、状況に合わせて選択ください。
それでもやっぱり迷ってしまう、という場合は、
コストがなるべくかからないカードをとりあえず運用してみるのも一案です。
ある事業所だけ、などテスト的に導入して、うまくいくようなら全社運用をはじめるなどの進め方もおすすめですよ。